BLOG:今日もぼちぼちいこか~

全国高校駅伝

駅伝が始まってから100年という節目の今年、

高校生たちの走りからハラハラさせられ、

興奮させてもらう一日でした!!

 

今回ラジオ解説をご一緒させてもらいました

鏡アナウンサー

IMG_9731

実は私が高校駅伝の時、

区間新が出るかどうかと

私のタイムのラップを取られていたそうで、

それぶりの再会…笑笑

大会記録につぐ、

1時間6分台の高速レースを始めて目にし、

総合力で勝ち取ったのレース圧巻でした。

IMG_9714

初々しい選手たちの笑顔が印象的でした。

23年ぶりのゴールテープを切った木村選手に

「区間賞だよ!おめでとう♬」と伝えると、

えー?えー?えー???って。

なんて可愛らしい一年生!

将来楽しみな選手が出てきました。

 

悲願の準優勝に輝きました長野東

「公立高校でもここまでやれるんだ、

こんなに輝いてる銀メダルはない

という言葉が印象的でした。
1→3→1位とこの3年間、

トップで走り続けてきた大阪薫英女学院。

連覇の難しさ、そして駅伝の難しさを知りました。
西脇工業の1区田中選手の走り。

あの舞台で積極的に自分のレースができる、

すごい勇気。

コース的に後半がきつくなりますが、

それでもスタートから前で自分らしいレースをする。

あんな選手が今後日の丸を背負うんだと思います。

 

第1回から連続出場してます立命館宇治、山田。

競技場で「監督、トイレの場所が分かりません!」と、

初出場が7校。

そんな姿にほっこりしました。

 

持ちタイムでは決して語れない、

駅伝の流れ、

気持ちを繋ぐ高校駅伝の魅力を感じました。

 

タクシーの運転手が帰りに

「どのチームも笑顔でゴールしてほしいんですよね。

あ〜。高校駅伝が終わると今年も終わるんだな〜。

毎年そう感じさせてもらってます。」

冬の風物詩が今年も終わりました。